見積もりについて

自動車保険の見積もりを安くしたい

近年、自動車保険は競争が激化しています。

さまざまなサービスを提供したり、割引制度をつくるなど、顧客を呼び込むための付加価値をつけています。

保険料はできるだけ安くしたい!
というのが本音ですが、安いだけの保険料を選んでしまって大丈夫でしょうか?

安いがゆえに、万が一の時の対応が不十分であった・・・などという事態もあります。

安さのうえに、必要な保障や安心のサービスもついているかをきちんと確認しましょう。

インターネット一括見積もりサービスを利用するのも便利です。

見積もりと申し込みをインターネットで行うと割引になるケースもありますし、保障内容や条件、価格、サービスなど、自動車保険の比較がしやすくなりました。

保険料を安くするための節約ポイントがいくつかありますので、見積もりを取る前に知っておくと良いでしょう。

自動車保険の割引制度は、各社でそれぞれ違いますが、基本的なものとしては、年齢、年間走行距離、また、新車であるか?安全設備がついているか?など、いろいろな条件があります。

自動車保険は、運転者の年齢条件が高いほうが安くなります。

家族が何人かで車を運転する場合は、21歳以上、26歳以上、30歳以上と、年齢が高い条件になるほど安くなるのです。

年齢が若い人、つまり運転免許をとって間もない年齢ほど、交通事故を起こしやすいという結果があり、「年齢」による危険度の違いを反映させた保険料となっています。

また、主が車をどのような使用目的で利用するかによっても、保険料は異なってきます。

使用目的は、(1)日常生活(またはレジャー使用)、(2)通勤・通学のため、(3)業務の3種類に分かれます。

日常生活よりも通勤・通学の方が保険料は高く、通勤・通学よりも業務で使用するほうがが、さらに高くなります。

日常生活であれば、近所の買い物や休日のレジャーで車に乗る程度と判断され、事故に遭遇する確率が一般的に低いと想定されているわけです。

次に、年間走行距離が少なければ保険料が安くなります。

走行距離を超えてしまうと、追加の保険料を払わなければならない場合があります。

また、車にエアバックやABSなどの安全装備があれば、それらの条件を入れることで割引になります。

最後に、等級制度も知っておきましょう。

無事故無違反の優良ドライバーと、事故を頻発に起こしているドライバーの自動車保険料が同じでは不公平です。

そこで、事故を頻発に起こしているドライバーの保険料を高くする仕組みが「等級制度」です。

つまり、自動車保険は、加入者の等級によって保険料が異なり、等級が上がるほど割引率が高くなり、保険料が安るわけです。

免許証がゴールド免許の場合、「ゴールド免許割引」が適用になる保険もあります。

もし、家族で車を運転する場合は、ゴールド免許の人を記名被保険者にするとよいでしょう。

一括見積もりを利用しよう